院長ご挨拶

診療理念
ようこそ、はっとり眼科クリニックへ
すべては患者様のために・・・。この思いのもとに平成27年10月1日、ここ南大沢に「はっとり眼科クリニック」を開院いたしました。
体に不調を感じたときに不安を持つのは皆さん同じだと思います。私自身も検査や診察で病院に行くときは、足取りも重くとても不安な気持ちで受診します。 反対に診察を受けて医師の説明で納得し安心したときの帰り道はとても晴れ晴れとした気持ちになれます。
医師と患者さんの信頼関係が大事とよく言われます。 それは一方通行ではない、お互いが心を通わせたときにはじめてその信頼関係はうまれます。
医師と患者さんという垣根をはずし、目のことで悩んだり困ったりしたときに
「何でも気軽に相談できる眼科クリニック」。
これが私たちはっとり眼科クリニックが目指す眼科クリニックです。
ごあいさつ
院長 服部 芳伸 眼科医になって18年、右も左も分からなかった研修医時代からあっという間に18年の年月が過ぎました。 その間大学病院や市中病院でたくさんの患者さんと出会いました。 これまで出会ったすべての患者さんに今の眼科医としての私を育てていただいたと言っても過言ではありません。 点滴をうまく入れられずに受け持ちの入院患者さんから怒られた研修医時代、夜遅くに術後の患者さんのベッドに行ったときご家族から「先生もちゃんと寝てくださいね」と言われた赤十字病院勤務時代、遊んでいた花火が目を直撃し手術をして失明寸前で助かった少年が退院するときに、お母さんから泣きながらお礼を言われた手術時代。 すべてのことが今でもはっきりと頭の中に残っています。 今思い返すと本当にいろいろなことがありました。 治療で視力を取り戻した時の眼科医としての達成感の一方で、治療法のない病気で視力を失っていく患者さんを目の前にしての無力感は悔しい気持ちで胸が締め付けられます。 今まで出会ったたくさんの患者さんに育てていただいたという感謝の気持ちを忘れずに、眼科医としてのスキルを精一杯活かし、患者様、地域医療に微力ではございますが貢献できればと思います。
「すべては患者様のために」。このはっとり眼科クリニックの理念を貫くお約束をここにさせていただきたいと存じます。

日本眼科学会認定 眼科専門医 院長 服部 芳伸

プロフィール

  • 平成 4年4月国立旭川医科大学医学部医学科入学
  • 10年3月同上 卒業
  • 10年5月第92回医師国家試験合格
  • 10年5月医籍登録
  • 10年5月国立旭川医科大学付属病院眼科
  • 10年10月釧路労災病院眼科
  • 11年4月国立旭川医科大学附属病院眼科
  • 12年4月美唄労災病院眼科
  • 12年10月北見赤十字病院眼科
  • 16年10月日本眼科学会認定専門医
    以上旭川医科大学眼科医局人事
  • 19年4月吉野眼科クリニック(台東区上野)
  • 27年10月はっとり眼科クリニック開院

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本眼科医会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本眼循環学会
  • 日本糖尿病眼学会
  • 日本小児眼科学会