小児眼科外来

「子供は大人を小さくした体ではない」に基づく小児眼科外来

私が大学5 年生( 医学部は6 年制) のとき、小児科の臨床講義で「子供は大人を小さくした体ではない」と当時の小児科教授がお話されました。 子供の体は大人とは全く別物ということを小児科講義で学びました。それは「病気」と「心身の発達」が密接につながっているからです。 このことは眼科でも全く同じことが言えます。 また子供は大人のように上手く症状を伝えられません。 お子さんの目のことでご心配なこと、不安なことがございましたらぜひ一度はっとり眼科クリニックにお越しください。

小児眼科

「何でも気軽に相談できる眼科クリニック」。これが私たちはっとり眼科クリニックが目指す眼科クリニックです。

小児眼科疾患にはこのような病気があります

斜視
片方の目が見ようとするものを見ているが、反対の目が目標と違う方向を向きます。内斜視、外斜視、上下斜視があります。
弱視
乳幼児の視力の発達段階に、何かしらの原因で網膜に適切な光刺激が欠けてしまったために、脳、網膜が見る力を獲得できていない状態です。
先天性白内障
生まれつき、水晶体が濁っています。弱視になる可能性があります。
先天性眼瞼下垂症
生まれつきまぶたが下がっています。弱視になる可能性があります。
遠視
産まれた赤ちゃんはみな遠視ですが、中等度以上の遠視になると網膜の発達が阻害されます。
眼瞼内反症(さかさまつげ)
まぶたが厚いために、まつ毛が内側に向いてしまい、角膜を傷つけます。まぶしがることや目をこすることが多くなります。角膜の傷は感染症や乱視の原因になります。

以上は視力の発達に影響する病気

先天性鼻涙管閉塞症
目から鼻につながる管が狭くなっています。生後数日から突然目やにが多くなります。
プール熱
多くはアデノウイルス感染で起きます。伝染力が非常に強く、学校保健法により、学校は出席停止になります。
心因性視力障害
心にストレスを感じると身体症状として視力障害が現れます。

お気軽にお問い合わせください。